2020年10月24日土曜日

芯のある奴

WHITEINDUSTRIES のG25A リムですが組んでます!カリフォルニアのファクトリーで生産されていており非常に精度の高いリムです。ホイールをハブから組み上げる場合は、ホ-ル数やODL寸法、ブレーキの種類等選ばなければいけない要素が沢山あります。それに、スポークだって組み方は一種類では無いため、コンプリートホイールには無い自由度が多く有ります。以前は、シマノだって高級なハブからの組み立てを主軸に展開していましたが、コンプリートホイールの台頭で市場は大きく変わりましたね。ハイエンドパ-ツメ-カ-であるWHITEINDUSTRIESがリムを生産するのも、そんな背景があるんです。このリムという部分、組めばその良し悪しが一瞬で分かります。もちろん軽く無くてはいけませんが強度だって大切、そしてその精度が一番重要かと思います!強度があっても、楕円の物を真円に組むとスポークには強い所と弱い所が現れます。結果、直ぐに振れが発生したりして強いホイールは作れません。リム単体で芯が出ている事。これは良いリムの1番の条件だと思います。このG25Aリムは、WHITEINDUSTRIES 内製 初のリムですが、その精度は抜群に良く、改めて彼らの技術力の高さを感じます。3年前にファクトリーを訪問した時は、大きな機械のそばで試作のリムが幾つもあり、社長のDagさんが、これらは全てテスト品だと言っていたのを思い出します。まだG25A一種類しかありませんが、今後多くの種類が発売されると感じています。楽しみです!








0 件のコメント:

コメントを投稿