2015年8月10日月曜日

しゃく熱ツーリング 豊橋豊根サイクルマラソン!

真夏の恒例イベントの豊橋豊根サイクルマラソンに2年ぶりに参加しました。毎年この一番熱い お盆前の日曜日に開催されるのですが、35度越えの高温下で160kmの距離に、中継地点は愛知県で唯一スキー場がある程の山である茶臼山の麓に位置する豊根村、平地のコースはスタート地点の豊橋市のみの、かなりタフなコースです。
朝7時間から順次スタートして、80km先の豊根村を目指します。信号の多い豊橋市内を抜け、新城市内に入ると風光明媚な田園風景が広がり、殆ど止まることなく走ることが出来ます。豊根村まであと20km辺りではずっと登りが続き気持ちも途切れそうになりますが、そんな時に絶妙なタイミングで現れるエイドステーションでは、冷水や冷やされた果物等が用意されています。これが本当に美味しいんです。補給の後、目指す豊根村まではきつい登りが続きますが、約1時間ほどで到着!そこではタイムアウトとなり昼食を頂きます。キンキンに冷やされたトマトに始まり、地元のおばさん達が作ってくれる、蕎麦や豚汁、おにぎりに蒸かし芋など豪華な昼食がふるまわれます。地元の食材を使った料理は本当に美味しくて、ここがゴールなら何杯も食べたいほどですが、ここは中継地点 約1時間の休憩の後、ゲートを越えて帰路を豊橋市を目指して走り出します。高地からの帰路は勿論下りが多くなりペースも上がりますが、それでも数箇所は心が折れるほどの登りが有り、疲れもどんどん蓄積されてきてきます。山間部の長い距離、過去には何度も夕立に降られましたが、今年は終始高温の中で豊橋市までたどり着きました。ゴールである豊橋総合運動場に着いたのは午後3時過ぎ、ゴール後に頂いた冷水は最高の味がしましたよ。
キツいけど、また来年も走りたくなりました!みなさんご苦労様でした!












0 件のコメント:

コメントを投稿